バックアップは困ったときの頼みの綱|パソコンデータの復旧豆知識

女性

大容量のファイルを送る時

書類

ファイル転送を行う時、画像や動画など大容量のファイルを転送しなければならない事もあります。そんな時役に立つのが大容量ファイル転送サービスです。メールなどでファイルを送れないときはこちらを試しましょう。

もっと読む

データセンターとはなにか

インターネット

現在、ITのシステムは企業ごとの所有ではなく、業者のサービスを利用して活用する「クラウド」が主流になりつつあります。そんなシステムを提供しているのがデータセンターです。

もっと読む

ファイル共有のメリット

ファイル

パソコンデータのファイル共有サービスの利用は、現在の会社運営には必要不可欠となりつつあります。データの保存や作業の効率化など、個人個人でデータを所有するよりも効果的な作業ができるためメリットが多いです。重要性の高いファイルのバックアップをとるのにも最適です。

もっと読む

バックアップは常に

HDDと人の模型

会社で使用しているパソコンでも、長く使い続けるとそのうち寿命がやってきます。最初のうちは少し起動が遅くなったりする程度ですが、そこから徐々にパソコンのさまざまな箇所でトラブルが発生し、それでも使い続けた場合、パソコンは壊れてしまいます。その時、パソコンの電源やマザーボードが壊れたくらいならばまだしも、HDD(ハードディスクドライブ)が壊れた場合、パソコンデータは消滅もしくは破損してしまい、データの引っ越しや復旧作業ができなくなってしまうかもしれません。
こういった事態を防ぐために、バックアップは常に考えておく必要があります。具体的には、パソコンショップで購入できる外付けHDDやUSBメモリなどパソコンデータを保存できる媒体を購入し、そこにパソコンのデータをコピーして保存しておきます。そうすれば、いざという時にパソコンが壊れてもパソコンデータの復旧は可能です。基本的には外付けHDDの方が大容量のパソコンデータを保存でき、保管に向いているのですが、一時的なパソコンデータの保存程度ならばUSBメモリでも十分です。近年のUSBメモリは大容量保存できるものが多いからです。
もし、そういったバックアップを行なっていないのならば、業者に頼んでパソコンデータの復旧を依頼しましょう。HDDの破損具合にもよりますが、個人でデータ復旧を行なうよりもパソコンデータが復元できる可能性が高くなります。自分で復旧作業を行なうのも効果があり、そのためのソフトも販売されていますが、場合によっては状況が悪化する可能性もあるので注意しましょう。バックアップは困ったときの頼みの綱なのです。